大阪の店舗型・無店舗型の違い

大阪風俗の求人広告を探すなら店舗型or無店舗型?

デリヘルor店舗型風俗大阪は東京と肩をならべる日本の大都市ですから、他のエリアに比べてもたくさんの風俗店があります。風俗の業種にも様々な形態がありますが、その中でも大きくわけると店舗を構えて営業するファッションヘルスやソープランドなどの「店舗型の風俗店」とデリヘルやエステなどの「無店舗型の風俗店」の二つにわかれます。
大阪は東京と比べると店舗型のお店は少ないのです。難波のアメ村道頓堀付近など、一部の地域には店舗型の風俗店もありますが、風営法の改正以来は、新規出店が難しい店舗型よりも手続きの簡単な無店舗型であるデリヘルが求人数も多く人気があります。大阪ではソープの数はとても少ないので、大阪の風俗で稼げる求人広告を探すとなると、やはり探しやすいのはデリヘルの求人広告になるでしょう。

■デリヘルのメリット
大阪はデリヘルの一種で、ホテヘルという形態が多い傾向にあります。ですので、ラブホテルの数はとても多いです。デリヘルのメリットとしては、営業時間が長いために出勤時間や勤務時間が自由に選択できるという事と、お店からのバックが他の店舗型風俗より比較的高い傾向にあるという事。通常のデリヘルであれば、派遣先というのはお客様のご自宅であったり、指定されたホテルであったりするのですが、大阪のデリヘルはホテヘルの方が多いので、ほとんどラブホテルやシティホテルなどに派遣をされて伺う事になります。
デリヘルはお店の事務所や、お店の待機室または自分の自宅などで待機するので、店舗型のようにお店に出勤する必要はあまりなく、お店の女のコと会いたくなかったりする場合は仕事もしやすいのです。

■デリヘルのデメリット
デリヘルのデメリットを挙げるとすると、お客さんの指定した場所によっては移動時間が長い事。その移動分の時間は給料が発生しないので、少し効率が悪くなりますね。こういった事はデリヘルの求人広告にはなかなか書かれていませんが、実際接客している時間のみお給料が発生するので、注意が必要です。また、自宅に派遣する場合のデリヘルでは、店舗型のように周りにスタッフがいません。慣れるまでは少し不安に思うかもしれませんが、送迎しているスタッフが近くに常駐はしていますから、そこまで心配する事もないですよ。

■店舗型のメリット
店舗型のメリットを挙げるとすると、デリヘルのように移動時間がない事があります。また店舗型は店舗内にスタッフが常駐していますから、困ったお客さんなどは店舗のスタッフを呼べば対応してくれる分、多少の安心感はあります。また店舗型では、毎回同じお店でサービスをするので、移動時間などがなくお客さんが多い場合は回転率も高いのが特徴です。

■店舗型のデメリット
店舗型のデメリットとしては、大阪では一部のエリアにしかないため求人広告の数も少なめでなかなか採用が難しいという事です。デリヘルの求人広告に比べるとバックの料金が少し少ないことも特徴。店舗型は大抵歓楽街の人が多いエリアにある事が多いので、風俗店に入る所を知り合いに見られる可能性がある事などが挙げられます。知人バレをしたくないのであれば、直接お客さんの所に派遣されるデリヘルの方が知り合いに確率に合う確率は少ないから安心でしょう。